もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

インド株



(出典 www.newsweekjapan.jp)


変異株とワクチン接種のどちらが先を行くか競争だね

1 豆次郎 ★

すれ違っただけで感染!? デルタ株、驚愕の感染力が詳細分析で明らかに...?


シドニー東部地区で、43日間ぶりに新規市中感染ケースが確認され、6月19日時点で6人に増加。クラスターとなり、しばしコロナ・フリーを謳歌していたシドニーも、にわかに騒がしくなってきた。

なぜならば、このクラスターの最初の感染者が、今、「従来型よりも感染力が高い」と言われている『デルタ株』であることが、ゲノム解析で判明したためだ。
デルタ株は、インドで爆発的に感染拡大し、同国を地獄絵図に変えたとも言われる感染力の高い変異株。拡散が速く、これまで感染力が高いと懸念されてきた英国由来の「アルファ株」より、2倍程度の感染力とも言われ、アルファ株と比較して入院リスクが高まることも指摘されている。(参照)

さらに、このシドニーのデルタ株感染ケースを詳細に分析した結果、驚くべき状況で感染が伝播していることがわかってきた。

なんと、感染者と「すれ違った」程度の接触で、感染した可能性が高いというのだ。


麻疹並みの空気感染?

オーストラリアにおける市中感染ケースで、最初に「デルタ株」感染が確認されたのは、メルボルンだった。

メルボルンでは5月下旬に、約3ヶ月ぶりに市中感染ケースが確認され、ゲノム解析により、インドで感染拡大した変異種のひとつ、「カッパ株」であることが判明。

感染者が12人に増加した時点で、ビクトリア州首相代理が
「我々は、強力な感染力のウイルスに直面している。これは、懸念されている変異株で、過去に例がないほど、急速に感染が広がっている」

と懸念を示し、5月27日から1週間のサーキットブレーカー・ロックダウンに踏み切った。(参照)

この時、ビクトリア州政府のコロナ対策医療チームは、(カッパ株であった時点でさえ)
「これまで我々が経験してきたものとは異なり、知らない者同士がすれ違った程度で感染しているとみられ、これまで換気が感染リスクを軽減することはわかっていたが、これほど感染力がある変異種には、十分でないのかもしれない。これまで効果あったマスクもうまく機能していないようだ」
と述べ、『麻疹』並みの感染力であることを示唆した。(参照)

そして、感染拡大傾向が収まらないことから、6月2日にロックダウンの延長が発表された2日後、メルボルン西部に住む家族2人が、カッパ株より更に感染力が高いと言われる「デルタ株」に感染していることが確認されたのだ。(参照)


すれ違っただけで感染した可能性、シドニーでも...


メルボルンでは新規感染ケースが減少し、収束に目途がついたことから、6月10日にロックダウン解除となったが、それから1週間も経たない6月16日、シドニーで43日間ぶりに新規市中感染ケースが確認された。(参照)

この最初の感染者の同居人も検査で陽性となり、この2人の排出するウイルスをゲノム解析した結果、「デルタ株」に感染していることが判明。(参照)

ニューサウスウェールズ州保健省は、いつものようにこの感染者2人が訪れた場所のリストを公開し、該当地域住民に、同じ場所(飲食店、スーパー、デパートなどの小売店など)を同日同時間帯に訪れた人は、症状の有無に関わらず検査をするよう呼び掛けた。


続きはこちらで↓
https://www.newsweekjapan.jp/amp/worldvoice/hirano/2021/06/post-21.php


【【コロナ速報】デルタ株、すれ違っただけで感染か驚愕の感染力が詳細分析で明らかに...?】の続きを読む


【脅威】検疫でインド型変異ウイルス感染160人確認

インド株市中感染も出てるし感染拡大が早いかワクチンが早いかワクチンが急がれますね。

NO.9497908 2021/05/21 19:50
検疫でインド型変異ウイルス感染160人確認
検疫でインド型変異ウイルス感染160人確認
 厚生労働省は新型コロナウイルスのインド型の変異ウイルスについて、3月28日から今月7日までに検疫で160人の感染が確認されていたと発表しました。



【日時】2021年05月21日 19:08
【ソース】テレ朝news


【【脅威】検疫でインド型変異ウイルス感染160人確認】の続きを読む

このページのトップヘ