もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

企業


中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法 - 香港および中国本土で施行されている国家安全。2020年施行。 国家安全条例 (香港)(中国語版、英語版) - 香港立法府で制定が試みられた国家安全。2003年法案撤回。 国家安全維持法 (マカオ)(中国語版) - マカオ立法府で制定された国家安全。2009年施行。
1キロバイト (122 語) - 2020年11月2日 (月) 07:05


中国の国家安全維持法は幅広く適用できるから怖いよね。

1 朝一から閉店までφ ★

2021.07.12 07:00
週刊ポスト

 非法治国家で囚われの身となっていた同僚の3年ぶりの復職。その反応は意外にも“凱旋祝いムード”ではなかったようだ。舞台となっているのは伊藤忠商事だ。

「中国でスパイ容疑をかけられて拘束されていた社員が戻ってきたんです。40代の男性社員ですが、別の部署の社員は名前も知りませんし、社内でも特に復帰に関する人事の告知はありませんでした」(社員)

 男性社員は2018年2月に中国・広東省で国家安全当局に拘束され、中国刑法の「国家の安全に危害を与えた罪」で懲役3年の実刑判決を受け、今年2月に刑期満了で出所した。

「日本国内では一般的と言える情報収集を行なっていたところ、中国の国内法に抵触したようです。とにかく無事に帰ってきてホッとしています」

 と伊藤忠の広報部は説明するが、社の任務中に身柄を拘束され、異国に3年も“抑留”されていたのになぜ社内は“冷めた空気”なのだろう。

「うちは中国の国有企業・中信集団に巨額の出資をしていて、総合商社でも特に対中ビジネスに注力しています。ほとんどの社員が中国への出張を経験していますし、大事な取引先。可哀想ですが“下手を打った人”と見られてしまっている面もあるようです」(前出・社員)
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.news-postseven.com/archives/20210712_1673354.html?DETAIL


【【悲報】スパイ容疑で中国拘束の伊藤忠社員 「3年ぶり復帰祝福のはずが」以外な社内の反応とは】の続きを読む


テスラ(英: Tesla, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く、アメリカの電動輸送機器およびクリーンエネルギー関連企業である。テスラ社の現在の製品には、電気自動車、家庭用からグリッドスケールまでのバッテリー電動輸送機器、ソーラーパネル、ソーラールーフタイル
64キロバイト (8,573 語) - 2021年6月21日 (月) 00:10


凄い売却利益が出たね。おまけに提携関係は変わらずとは。

1 マスク着用のお願い ★

https://twitter.com/goto_nikkei/status/1408210790855884809?s=21

◆Tesla株売却
・パナソニックが2021/3までに保有していたTesla株を全て売却
・売却額は数千億円規模の可能性
・2010年に1株21.15ドルで24億円分取得
・株価は今年初めに一時900ドル台に
・EV用電池の取引は維持

▽日経

8:49 2021/06/25
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【パナソニック】テスラ株を全て売却・売却額は数千億円規模の可能性】の続きを読む

このページのトップヘ