もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

男子アナ


八代 英輝(やしろ ひでき、1964年7月8日 - )は、国際弁護士(日本の弁護士(東京弁護士会所属)かつアメリカ・ニューヨーク州の弁護士)。八代国際法律事務所代表。タレント、コメンテーター。エクステンション所属 。関西学院大学商学部客員教授。元札幌地方裁判所判事補。 東京都板橋区出身。城北埼玉高等学校を一期生として卒業。
25キロバイト (3,200 語) - 2021年9月11日 (土) 01:03


過去に暴力的政治行動があったことは事実だが( ^ω^)・・・

1 ramune ★

TBSは同局系情報番組「ひるおび!」(月~金曜午前10時25分)の10日放送で、レギュラーMCの八代英輝弁護士が共産党について発言した内容について、同日「発言は誤りでした」などとするコメントを発表した。

番組では、衆院選での野党共闘の話題を取り上げた際に、八代弁護士が「志位委員長がつい最近、
『敵の出方』という言い方をやめようとは言ってましたが、共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してませんから。
よくそういうところと組もうという話になるな、と個人的には思います」と、共産党と連携する可能性がある野党について言及していた。

同局は、八代弁護士の発言について「共産党の綱領には記載がなく、発言は誤りでした」とコメント。共産党に対して「真摯(しんし)に対応して参ります」と今後の対応を示した。
また番組での対応については「月曜日の放送で対応することになります」と回答。関係者によると、月曜日の放送で謝罪するとみられる。

共産党の志位和夫委員長は同日、自身のツイッターで、「TBS系『ひるおび!』で出演者が『共産党は暴力的な革命を廃止していない』などと述べたことに対し、
党広報部植木部長は、局の担当者に抗議し、番組としての謝罪と訂正を求めました。
担当者は『申し訳ない』とのべ、訂正については検討すると答えました。事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません」と投稿していた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-09101312/

■参考
基礎知識:”要綱”ではなく”綱領”
日本共産党綱領
https://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/

志位和夫
@shiikazuo
10時間
TBS系「ひるおび!」で出演者が「共産党は暴力的な革命を廃止していない」などと述べたことに対し、
党広報部植木部長は、局の担当者に抗議し、番組としての謝罪と訂正を求めました。担当者は「申し訳ない」とのべ、訂正については検討すると答えました。
事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません。

どんな場合でも、平和的・合法的に社会変革の事業を進めるということが、日本共産党の一貫した立場です。

日本共産党(公式)稲穂? #政権交代をはじめよう
@jcp_cc
野党共闘をすすめて #政権交代をはじめよう とすれば、今回の #ひるおび の #八代英輝 弁護士発言のような、デマに基づいた誹謗中傷がこれからもでてくることでしょう。
私たち自身がこうした卑怯なデマに厳格に対処していくのは当然ですが、ぜひみなさんも一緒に声をあげて頂けると大変心強いです。

EMIL #比例は日本共産党
@emil418

12時間
ひるおび!での八代英輝氏の「日本共産党は今でも  
暴力革命の方針をとっている」発言について

田村政策委員長
「本当に許されないフェイク」

(出典 Youtube)


kai  
@hot3qu
続き
(ひるおび八代発言について)
共産小池「自民党総裁選を面白おかしく取り上げておいて、これは酷い。これは共産党だけへの攻撃じゃなくて、野党共闘への攻撃でもあると思う。
共産と野党と一緒に政治を変えようとする市民への攻撃
https://t.co/3v6B5XVdyM?amp=1


【【注目】TBSひるおび八代弁護士「共産党の”要綱”は『暴力革命』廃止せず」共産党が怒りの抗議 TBS謝罪】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


節操の無さが人生をかえる見本みたいな人だな。

1 爆笑ゴリラ ★

6/26(土) 5:15配信
東スポWeb

このまま降板の小林廣輝アナ

 週刊誌で〝6股疑惑〟が報じられたTBSの小林廣輝アナウンサー(27)が、報道番組「Nスタ」への出演を取り止めることになった。25日の同番組で発表された。同様に27日放送のバラエティー番組「アッコにおまかせ!」への出演も見合わせる。これは事実上、アナウンサーとしての〝失業〟を意味する。局内に居場所がない小林アナは退社して起業することも視野に入れているというが…。

 小林アナが〝豹変〟したのは23日だった。テレビ朝日・斎藤ちはるアナウンサー(24)との熱愛がフライデーされたのは今月9日。同誌はついでに黒髪のキャビンアテンダント美女との〝二股疑惑〟も報じた。

 小林アナは同誌で「部屋の前で話していただけ」と完全否定。斎藤アナとの〝純愛〟をアピールし、TBS上層部の聞き取り調査にも同様の主張を繰り返したという。

「局内でも小林アナはチャラ男で有名。上層部も『やっぱり二股なんじゃ…』と疑っていたが、本人がしきりに違うというのだから仕方ない。一度は現状維持、処分なしということで決まりかけた」(局内関係者)

 小林アナも上層部から一定の許しを得たことで、いつもどおり明るく、チャラく振る舞っていたそうだが、今週に入って風向きが変わった。

「水曜日(23日)に彼を見ましたが、顔面蒼白で目はうつろ。上の空という感じだった」とは番組ディレクター。

 異変の原因はすぐに分かった。25日発売の「フライデー」で斎藤アナ、CAを含め計6股をかけていたと報じられた。それもLINE履歴などの動かぬ証拠付きで。小林アナは事前に同誌記者の直撃取材を受け、ノーコメントを貫いたが、記事が出ることを察知し観念。胸中を代弁すれば「終わった…」といったところか。「だから水曜日は覇気がなかった」(同ディレクター)。

 小林アナは報道番組「Nスタ」と「アッコ―――」に出演中だが、前者は25日放送でメインキャスターを務める井上貴博アナが「小林アナウンサーのプライベートに関して一部の週刊誌で報道がなされました」とした上で「私たちは日々ニュースをお伝えする立場でもあります。そういったことを考えまして『Nスタ』として番組への出演を見合わせることに致しました」と説明した。後者も27日放送から出演を見合わせることが決まった。

 気になる今後について局内関係者は「通例だと人事部預かりとなって様子を見る。このご時世だけに、アナウンサーとして再起するのは無理だろう」と話す。

 そこで思い返されるのが、1999年に起きた〝ワンダフル事件〟だ。深夜番組「ワンダフル」を舞台に、芸能人や局アナを巻き込んだ乱痴気パーティーが行われていたことが発覚。TBS関係者によると「その時に処分された局アナは人事部預かりになったが、仕事なんてない。朝から晩まで図書室で本を読んでいた。周りの局員からも後ろ指を差されるし、精神的にも苦痛だったと思う」という。

 小林アナも〝図書室生活〟を送ることになるのか? これに同アナを知る人物は次のように明かす。

「小林アナはスキャンダルの前から母校・慶応大学の同級生と起業する準備を進めていた。グループで金儲けのためのスキーム作りを考え、将来的にはアナウンサーをしながら、副業で同級生と会社を立ち上げる気だったのだと思う。今回のスキャンダルでアナウンサーの道が断たれたのだから、起業家1本に絞るのではないか」

 ほとぼりが冷めた後に、ひっそりと局を去り、今度は起業家としてその名を轟かす日がやって来るかもしれない。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/169142a298ba0b967f6d15701f2d3d7554a5f388


【【芸能】TBS小林廣輝アナ ‟6股疑惑”に人生暗転した「魔の水曜日」 残された選択肢は!】の続きを読む

このページのトップヘ