もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

歌手


八代 亜紀(やしろ あき、1950年8月29日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。本名、増田 明代(ますだ あきよ)。旧姓、橋本。熊本県八代郡金剛村(現:八代市)出身。読みは異なるものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。 幼少の頃から父親の歌う浪曲を子守唄代わりに聴きな
89キロバイト (2,984 語) - 2021年6月6日 (日) 08:20



(出典 jprime.ismcdn.jp)


70歳まで人生共にしてきて特に理由がなくても分かれるんだなぁ。

1 ダークエネルギー(SB-Android) [US]

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0defb694fd903f6f94f4fbfda2ba336081b3dba

歌手の八代亜紀(70)が、今年1月に個人事務所社長の夫(66)と離婚していたことが10日、スポーツ報知の取材で分かった。

【写真】超大物歌手が「あなた嫌い」

 数年前から、残りの人生の過ごし方について、話し合う機会が増えていたという。音楽関係者によると、協議を重ね、双方が納得した上で離婚することを決断した。前夫は個人事務所の代表取締役を辞任したが、現在も仕事の相談に乗るなど、サポート態勢は継続する。八代は「特段に何か(理由)があったわけではありませんが、話し合いの結果、長年のパートナーシップを解消して別々の道を歩んでいくという結論に至りました」と話している。

 前夫は、78年に八代と同じ事務所から歌手デビューした同僚。2年で挫折し、田舎に帰っていたところを、八代自ら「今度は歌手を育てる方で頑張って」とマネジャーとして引っ張ってきた。87年に事務所から独立する際、2人は行動を共にした。その後、5年近い交際期間を経て94年に結婚。公私ともに二人三脚で歩んできたが、出会って43年、結婚から27年での別離となった。

 八代は今年、芸能生活50周年という節目を迎えた。コロナ禍のなか、昨秋から始めた介護施設向けのオンラインライブが好評。3月には日本の文化・芸能の保存、向上に寄与した人に贈られる「松尾芸能賞」で大賞を受賞したばかり。

 「今後も歌手として精進していく所存です。変わらず応援していただければと思っております」と強い決意を示した八代。心機一転、新たなスタートを切る。

 ◆八代 亜紀(やしろ・あき)本名・橋本明代。1950年8月29日、熊本・八代市出身。70歳。71年デビュー。73年出世作「なみだ恋」発売。80年「雨の慕情」で日本レコード大賞。「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「おんな港町」「舟唄」などヒット曲多数。2010年文化庁長官表彰。16年日本モンゴル文化大使就任。18年モンゴルから北極星勲章を授与される。絵画では世界最古の美術展、仏ル・サロンで5年連続入選し、永久会員となる。


【【悲報】八代亜紀、個人事務所社長の夫と離婚。70歳の決断とは!】の続きを読む


ユウキ (EE JUMP) (後藤祐樹からのリダイレクト)
後藤 祐樹 (ごとう ゆうき、1986年7月10日 - )は、日本のコラムニスト、元アイドル歌手。本名同じ。EE JUMP時代の旧芸名はユウキ、YUKI。 東京都江戸川区瑞江出身。江戸川区立瑞江第三中学校卒業。後藤真希は年子の姉である。勧修寺保都、勧修寺玲旺は甥である。 1999年に後藤
8キロバイト (1,203 語) - 2021年3月30日 (火) 03:10



(出典 auctions.c.yimg.jp)


誰とでも笑いあえる日々を送れるように頑張ってほしいですね。

1 爆笑ゴリラ ★

6/10(木) 17:15配信
東スポWeb

左から後藤祐樹、家田荘子

 あなたの話をお聞かせください――。作家で僧侶の家田荘子氏が気になる人物に迫る「駆け込み寺」対談編。話すことで自身を見つめ直し、人生の学びを見いだす。今回のゲストは、元「モーニング娘。」後藤真希の弟・後藤祐樹氏(34)。2000年にソニン(38)とユニット「EE JUMP」でデビューするも、未成年でのキャバクラ通いなど素行不良で02年に芸能界を引退。07年には強盗傷害で逮捕され服役。懺悔(ざんげ)と家族への思いを語った。 

 家田氏(以下、家田)わずか2年で芸能界を引退。

 祐樹氏(以下、祐樹)キャバクラが原因になってるけど、(会社に残るために)社長から提案された条件があったんです。縛られてまで芸能界にいなきゃいけないのかなって。それだったら辞めます、と。

 家田 引退しても周りが放っておかない。

 祐樹 引退してからの方がいろんな人が近寄ってきた。ダークな方に引き込もうとするような。地元の後輩から銅線(盗み)の話を振られて。ちょうど北京五輪の時期と重なって一回銅線を盗みに行って、一晩で何十万円。件数でいうと3桁ぐらいやった。(稼ぎは)分配してたけどトータルで言えば多分4桁ぐらい。

 家田 悪いことしてる自覚は?

 祐樹 自覚はあったので毎回、逮捕されるんじゃないかと不安でした。その時は精神状態もおかしかったと思うんですけど、悪いことと分かっていても誰かにそれを正されるようなことを言われると逆に反発したくなってました。本当に理不尽だったと思います。 

 家田 裏社会の人とつながっていた。

 祐樹 つながってないです。売りさばいてたのは外国人なので。

 家田 そして逮捕。

 祐樹 その時もまだなんとも思ってなかった。(窃盗で)すぐ出れるもんだと思ってたんで。

 家田 強盗も加わり判決が5年半。

 祐樹 求刑が8年。聞いた時は足から崩れるんじゃないかってぐらい衝撃を受けました。その時点で執行猶予もないし。実刑で何年行くんだろうと不安でしかなかった。

 家田 行った先が少年刑務所。20歳超えてても。

 祐樹 基本的に26歳までが少年刑務所ですね。

 家田 刑務所よりも厳しくないんじゃないかと想像するんですけど。

 祐樹 少年刑務所がたぶん一番きついと思う。いじめ問題もそうですけど。水飲みって言われる1リットルのヤカンに水道水を入れて、ひたすら飲まされる。ヤカンで10杯飲んだことあります。真冬とかにやったりするので本当に震えが止まらない。

 家田 真希さんは面会にいらっしゃいました。

 祐樹 事務所から自粛してほしいと言われてたけど「家族なんで」と来てくれました。

 家田 懲役中にお母さんが亡くなられた。

 祐樹 近くに行くこともできないですし、何をしていいか分からなかった。喪に服す期間があって、1人きりの部屋に3日間過ごす。逆にそれがつらかったですね。みんなと話してた方が気が紛れる。本当に地獄でした。

 家田 お姉さんたちが面会に来てくれた。

 祐樹 正常でいられないくらい泣きましたし姉3人も泣いてました。「帰りを待ってるし、これからもきょうだい仲良く協力し合っていこうね」って言われて、そのひと言が救いになりました。

 家田 刑務所を出てからは。

 祐樹 首の入れ墨でなかなか仕事が見つからなかった。誘いはビデオの出演依頼があって目の前に現金で3億円積まれた。でも姉にもう迷惑を掛けられないので断りました。

 家田 首の入れ墨を後悔したことは。

 祐樹 後悔したことはないですね。でも、母親が亡くなる前に「首だけは消してほしい」と言われたのでいずれ首は消します。

 家田 昔を思い出すことはありますか。

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b80f150cfd402f987b154090c833202641eba4d3


(出典 pbs.twimg.com)


【【闇堕ち】ゴマキ弟、後藤祐樹“闇落ち”懺悔・刑務所で壮絶イジメが】の続きを読む

このページのトップヘ