もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

男優



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


とてもお似合いのカップルです!

1 ひかり ★

超大物カップルは人知れず愛を育んでいた――。

涼しい夜風が吹き始めた6月上旬の午後6時、港区のマンション前に一台の高級車が停まった。運転席にはベースボールキャップに半袖半ズボン姿の男。超大物俳優の椎名桔平(56)である。誰かを待っているのだろう。椎名はスマホをいじりながら、外をキョロキョロとしている。待ち人が現れたのは5分後のこと。エントランスから大きなスーツケースを転がしながら、ベージュのワンピースに身を包んだ可憐な美女が出てきた。

美女はまっすぐ椎名のへ近づいていく。マスクで隠れた顔をよく見てみると……、なんと女優の原田知世(53)ではないか!まるで10 代から“時をかけてきた”ような美貌と若々しさだ。

椎名は原田に気づくと、すぐさま車から飛び降り、原田を迎える。スーツ―ケースを受け取り、トランクに詰め込むと、原田を優しく助手席へとエスコートしたのである。

「椎名さんは売れるまで、長い下積み生活を送っていたのに対し、原田さんは14歳でのデビュー直後から大ブレイクした。椎名さんは下積み時代からずっと、原田さんのファンだったと明かしていました」(制作会社関係者)

2人を乗せた車は渋谷方面へ。40分後、ホルモン焼き店へと入った。店内では椎名が肉を焼き、原田の皿に取り分けていく。原田も舌鼓を打っていた。時折、互いに見合って笑い合う2人。それはまるで熟年夫婦の食卓を思わせる光景だった。

人生の酸いも甘いも経験して、ようやく出会った「運命の相手」。ゴールインの吉報を届く日も近いのかもしれない。

6月18日発売のフライデーでは2人が食事の後に向かった先と交際に至るまでの経緯をさらに詳しく報じている。

FRIDAYデジタル

https://friday.kodansha.co.jp/article/187849

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】結婚は⁈ 超大物の熱愛発覚!椎名桔平&原田知世「ホルモン焼きデート」】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)


親子でノリにのってる感じだね 

1 湛然 ★

木村拓哉、海外制作ドラマ初参加!「ゲーム・オブ・スローンズ」プロデューサーが仕掛ける海洋SFサスペンス
6/16(水) 5:00 シネマトゥデイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/67361bfa955a9618a09c1f6f5a4b099a05bc8be5
木村拓哉がストーリー後半部分でのキーパーソンの一人に!

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



 ヨーロッパ各国の主要放送局とHulu Japanの共同製作による海洋SFサスペンス「THE SWARM(原題)」(全8話)に木村拓哉が出演することが明らかになった。大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要プロデューサーの一人で、数々のエミー賞受賞歴を誇るフランク・ドルジャーが製作総指揮を務める本作は2022年に世界同時放送および配信を開始し、日本ではHuluにて独占配信される予定となっている。

 本作は、世界各国を舞台に、深海に生息する未確認知的生物の群れに直面した人類の闘いを描く海洋SFサスペンス。撮影期間は今年6月から9月を予定しており、フランク・ドルジャーが「ゲーム・オブ・スローンズ」後に初めて手掛ける作品となる。キャストには各国から多彩な顔ぶれが発表されており、日本人キャストとして木村の出演が決定。木村は人類の危機に立ち向かう科学者グループの一つを組成し、海洋問題に取り組む「ミフネ財団」の創設者で自らチームを指揮するアイト・ミフネ役を務める。

 全編英語でイタリアでの撮影に参加し、ストーリー後半部分でのキーパーソンの一人となる、人類の運命の鍵を握る人物を演じる木村。「『ゲーム・オブ・スローンズ』は大好きな作品でしたので、そのチームからのオファーがあった際は、素直にうれしい気持ちでした。原作の世界観の完成度が高く、この世界観の中に自分が参加できることを大変うれしく思います。どんな役であれ、いただいた役柄を大切に演じたいと思っています。また、日本だけでなく、世界がまだこのような時世ですので、細心の注意を払って撮影現場に赴きたいと思っております」と意気込みを語っている。

 ドルジャーは「『ゲーム・オブ・スローンズ』と同様に、この『THE SWARM(原題)』においては、全体の調和が本質的に重要であり、キャラクターたちに生命を吹き込んでくれるオリジナリティーあふれる魅力的な俳優達の布陣が成功の鍵であると常にイメージしていました。木村さんに演じてもらう役は、強く権威ある雰囲気と際立った知性を同時に表現できることが求められますが、彼の作品を拝見しこのキャラクターを演じるのにまさしくうってつけと確信しました」とコメントしている。

 ほかにもセシル・ドゥ・フランス、アレクサンダー・カリム、レオニー・ベネシュ、バルバラ・スコヴァといった10か国を超える国際色豊かな実力派俳優陣の出演も決定。ドルジャーは「原作『THE SWARM』のドラマ化に当たっては、クリエイティブ面でさまざまな課題がありました。最もやりがいのあった課題は、ますます多様化する現代の科学者コミュニティを反映して登場人物を再解釈することでした。これにより、小説が執筆された2004年当時には想像もつかなかったようなキャスティングが実現しました」と語っている。

 原作は2004年にドイツで発表され、ドイツ国内だけで450万部を売り上げたフランク・シェッツィングによるベスセラー小説「THE SWARM」。世界的にも大ヒットし、27言語に翻訳されている。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【話題】木村拓哉、海外制作ドラマ初参加!各国から豪華キャストの海洋SFサスペンス】の続きを読む

このページのトップヘ