もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

社会


資源の無い日本は弱いね。

1 香味焙煎 ★

休日明け24日午前の東京商品取引所で、石油備蓄放出に踏み切る米国などと主要産油国が対決姿勢を強めるとの見方から、中東産原油の先物が大幅反発した。
1キロリットル当たりの指標価格は一時、休日前の22日清算値(株価終値に相当)から3080円高い5万5040円を付け、約2週間ぶりの水準に急騰した。

バイデン米政権が岸田政権などと協調し石油備蓄の放出を主導。ただ、原油安は石油輸出国機構(OPEC)と非加盟のロシアなどでつくる「OPECプラス」の政府歳入や国内経済に響く。
このため原油市場では、OPECプラスが12月以降に増産停止や減産復帰に転じるとの見方が広がった。

共同通信
https://nordot.app/836039729777721344


【【原油市場】東京原油が大幅反発 産油国が対決姿勢強めるとの見方】の続きを読む


小室圭さん解決金「振込人名義」の謎…“立て替え疑惑”に代理人が回答

振り込まれた解決金の出処に関心がいくのは仕方ないね。

NO.10004093
小室圭さん解決金「振込人名義」の謎…“立て替え疑惑”に代理人が回答
小室圭さん解決金「振込人名義」の謎…“立て替え疑惑”に代理人が回答
小室圭さんの母親の金銭トラブルについて、元婚約者・X氏の代理人が18日、X氏が解決金を受け取ったことを明らかにした。

409万3,000円が11月15日付で入金されていたといい、振込人の名義は小室圭さんではなく「ベンゴシ ウエシバ」だったという。

元婚約者が解決金を受けとったことにより、およそ4年間にわたり国民の関心事となっていた小室さんの母親の金銭トラブルは解決をみたといえるだろう。

とはいえ、12日に話し合いが行われてから週末をはさんで6日後の公表となり、振込人の名義についてTwitter上では《なぜ弁護士名義?》《つまりは弁護士事務所に借りたって事なのかな?》などと憶測を呼ぶことになっている。

その疑問を小室圭さんの代理人・上芝直史弁護士にぶつけてみたところ、事実関係について以下のように答えた。

「先方から解決金の振込先となる口座の連絡を受けてすぐ、先週末には提示された額の振り込み手続きを行いました。振り込みに使った口座は、『ベンゴシ ウエシバ アズカリキン』というもので、当事者から預かったお金を扱うために業務で使っているものです」

小室さん夫妻が羽田からニューヨークに向けて旅立った14日までには、X氏の口座への入金手続きは行われていたという。また“当事者”はこの場合、小室さんの母親になるが、少なくとも上芝氏が代わりに用意した金銭ではないということだ。

【日時】2021年11月20日 06:00
【ソース】女性自身
【関連掲示板】

【小室圭さん解決金「振込人名義」の謎…“立て替え疑惑”】の続きを読む

このページのトップヘ