もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

スポーツ


白井 健三(しらい けんぞう、1996年8月24日 - )は、日本の体操競技選手。 2013年に床運動で男子史上最年少の17歳1ヶ月で世界選手権金メダルを獲得。これまでに床運動と跳馬において6個の技を主要国際大会で初めて成功させ、それらの技には「シライ」を含む名前がつけられている。 2021年6月16日に現役引退を表明した。
15キロバイト (1,821 語) - 2021年6月16日 (水) 06:15



(出典 www.jiji.com)


驚きの引退ですね。まだまだ期待してたのに残念だけど後輩指導頑張ってください。

1 Anonymous ★

https://www.daily.co.jp/general/2021/06/16/0014420159.shtml?pg=amp&__twitter_impression=true


 体操男子の16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルメンバーで、種目別ゆかで3度世界王者に輝いた白井健三(24)=日体大教員=が16日、横浜市の日体大健志台キャンパスで記者会見を行い、現役引退を表明した上で「選手としての未練は1つもない状態で今日を迎えられた」などの思いを語った。

リオ五輪で日本男子史上最年少金メダルを獲得した“ひねり王子”が、団体メンバー5人の中で最も早く競技を退く決断を下した。

 リオ五輪以降、17年世界選手権では床と跳馬で金メダルを獲得。個人総合で銅メダルに輝くなど東京五輪のエースとしての期待が懸かったが、近年は度重なる故障や採点基準への適応に苦しみ、今年4月からの東京五輪代表選考会でも苦戦。今月の全日本種目別ではゆかで2位となり復調をみせたが、2大会連続五輪代表入りを逃していた。


【【速報】エーッなんでぇ!体操・白井健三(24)が現役引退 やり切れた達成感・未練無し!】の続きを読む


本郷 理華(ほんごう りか、英語: Rika Hongo, 1996年9月6日 - )は、日本の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。 2014年GPロステレコム杯優勝、2014年全日本選手権2位、2015年・2016年四大陸選手権連続3位、2015年世界選手権6位、2014年GPファイナル
36キロバイト (2,325 語) - 2021年6月16日 (水) 01:07



(出典 livedoor.blogimg.jp)


残念ですけどお疲れさまでした。

1 爆笑ゴリラ ★


6/16(水) 10:11
スポニチアネックス

フィギュア本郷理華が現役引退「次の道に進んでも、自分らしく笑顔で」
2020年フィギュア全日本選手権で演技する本郷理華
 フィギュアスケート女子の本郷理華(24)が16日、自身のツイッターで現役引退を表明した。

 本郷は14年ロシア杯でGPシリーズ初優勝を飾り、世界選手権は15~17年に3大会連続出場。18年平昌五輪の代表には届かず、19ー20年シーズンは休養した。昨季、競技会に復帰し、目標に掲げていた20年12月の全日本選手権に出場し18位だった。

 ツイッターでは「全日本を終えてたくさん考えて、今の自分の実力、結果、コロナでカナダに行く事ができない状況などあと一年やるかやらないか迷った時、現実的に考えて引退を決めて次の道に進み、頑張っていこうと決めました」とし、「今後もスケートを滑ったり、スケートに関わっていく事が出来ればと思っています。次の道に進んでも、自分らしく笑顔で頑張っていきたいと思いますので、見守って頂けると嬉しいです」とつづっている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b48ae1a2469303b80ee0788497ed1ee4f700a749


【【悲報】フィギュア本郷理華が現役引退「次の道に進んでも、自分らしく笑顔で」】の続きを読む


畠山 愛理(はたけやま あいり、1994年8月16日 - )は、東京都出身の日本の元新体操選手。血液型O型。ロンドンオリンピック(2012)、リオデジャネイロオリンピック新体操団体日本代表。大原学園高等学校、日本女子体育大学体育学部卒業。夫は広島東洋カープの鈴木誠也。本名鈴木愛理。 株式会社スポーツバックス所属。
26キロバイト (2,722 語) - 2021年5月26日 (水) 19:33



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


写真の使われ方や撮影目的に露骨に悪意があるのはダメだよね。

1 muffin ★

https://news.yahoo.co.jp/articles/43dc159563d0282644b0773011205641ffbe2747?tokyo2020

 女性アスリートの競技画像をアダルトサイトに転載したとして、京都府の男(37)が先月、著作権法違反容疑で警視庁に逮捕され、東京簡裁から罰金60万円の略式命令を受けた。性的目的での撮影や画像悪用などの被害は後を絶たず、対策強化を求める声が高まっている。(坂本早希)

「胸元やお尻に向けられるカメラのシャッター音や、ネット上に氾濫する自分の画像に、ずっと気づかないふりをしてきた」。2008年の北京五輪と12年のロンドン五輪に出場したバドミントン元日本代表の潮田玲子さん(37)が振り返る。

 潮田さんが最初に違和感を覚えたのは05年頃。当時、ペアを組む小椋久美子さん(37)とともに「オグシオ」の愛称で注目されていた。コンビニ店に並ぶ雑誌の表紙に「オグシオ」の見出しを見つけ、手に取ってみると、下着の肩ひもがずり落ちた状態でプレーする自分の写真が掲載されていた。「なぜこんな写真を使うのだろう」と胸が痛んだ。

 注目度が高まるにつれ、被害は深刻化。シャトルを拾う際に脚を開いた瞬間や、胸元や下半身を強調した競技写真が、卑わいなコメントと併せてネットに拡散した。試合中もカメラが気になるようになり、日本バドミントン協会に相談して競技会場の撮影可能エリアを変更してもらったが、被害は減らなかった。

 当時着ていた丈の短いスコートについて、周囲から「そんな格好をしているのが悪い」と心ない言葉をかけられたこともあった。「一生懸命に試合をしているだけなのに、なぜ私のせいになるのか」。やり場のない怒りがこみ上げたが、「撮られるのは選手として注目されている証拠だ」と目をつぶったという。

 12年に現役を引退したが、一度出回った画像は今もネット上に存在する。潮田さんは「画像を見た母が悲しんでいたのが忘れられない。消せるものなら消してほしい」と語り、「後輩たちのためにも、自分が現役時代に話せなかった経験を明かし、被害をなくすきっかけにしたい」と話す。

 ロンドン五輪と16年のリオデジャネイロ五輪に出場した新体操元日本代表の畠山愛理さん(26)も、被害に苦しんできた一人だ。

 初めて五輪代表となった高校時代の12年頃。練習中に撮られたとみられる下半身を強調した写真が雑誌などに掲載された。「性的な目線で見る人もいると知った時のショックは大きかった」と振り返る。

 動きの美しさなどを競う競技の特性上、体にぴったりした衣装を着用せざるを得なかった。ストレッチ中に開脚した姿を映したテレビ映像が切り取られ、SNSで拡散されたことも。現役当時はあきらめるしかないと思っていたが、16年に引退後、こうした画像をネット上で見つけた場合は所属事務所に伝え、削除依頼などの対応を求めている。

 「選手はもちろん、純粋に競技に取り組む子どもたちのためにも、被害撲滅を訴えていきたい」。畠山さんはそう力を込めた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【競技画像の性的悪用は後絶たず、潮田玲子…畠山愛理「ショック大きかった」】の続きを読む


那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家、YouTuber。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。血液型B型。『神童』、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のストレートは『ライトニング・レフト』。RISE世界フェザー
74キロバイト (10,235 語) - 2021年6月13日 (日) 14:47



(出典 to-bright-tomorrow.com)


天心なら世界を狙える高い可能性を持ってると思う。ぜひ頑張ってほしいですね。

1 名無しさん名無しさん@腹打て腹。

キックボクサー相手にボクシングごっこしただけで大はしゃぎしないでね


【【注目】世界王者狙えるか!ボクシング転向の那須川天心の実力とは】の続きを読む


大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス7勝を挙げている。うちグランドスラムは通算4勝で、2018年と2020年の全米オープン、
133キロバイト (10,922 語) - 2021年6月7日 (月) 13:33



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


鬱病だからこそ前向きにチャレンジしていく姿勢を応援したいですね。

1 Anonymous ★

https://news.yahoo.co.jp/articles/b77ed1a3862ca6fbbaddeecf1e1288f370730f53
 【パリ共同】テニスの東京五輪出場選手が決まる14日付世界ランキングが発表され、日本勢は女子シングルスで2位の大坂なおみ(23)=日清食品=が初の五輪切符を手にした。

女性アスリート史上最高額を更新した大坂なおみの年収

 五輪出場権は14日付世界ランクでシングルスが各国・地域最大4人までの上位56人、ダブルスが10位までに自動的に与えられる。

 けがなどで辞退する選手が出た場合は繰り下がるため、日本勢の五輪代表は増える可能性がある。ダブルスは開催国枠もある。


【【朗報】大坂なおみ、五輪出場決定】の続きを読む

このページのトップヘ