【注目】バイオリニスト廣津留すみれが語る海外大のリアル  大分の公立高からハーバード「首席卒業」

努力もさることながら天から二物も三物も与えられた人っているんだね。

NO.9941224 2021/10/24 11:04
大分の公立高からハーバード「首席卒業」廣津留すみれが語る海外大のリアル 「東京の私大より学費安い」〈dot.〉
大分の公立高からハーバード「首席卒業」廣津留すみれが語る海外大のリアル 「東京の私大より学費安い」〈dot.〉
 塾ナシ、留学経験ナシで大分の公立高校から米・ハーバード大学に現役合格した日本人女性がいる。バイオリニストの廣津留すみれさん(28)は、高校卒業後アメリカにわたり、ハーバード大を首席で卒業。さらに音楽の名門・ジュリアード音楽院に進んだ。日本からの海外大に進学するために必要なものとはなにか。また海外大学での生活はどのようなものなのか。話を聞いた。

*  *  *

――ハーバード大学を目指そうと思ったきっかけは何ですか。

 高校2年の春、バイオリンの国際音楽コンクールに優勝して獲得した全米演奏ツアー中に、軽い気持ちでハーバード大のキャンパスツアーに立ち寄りました。そもそもハーバードって本当にあるんだ、から始まりましたね。現役生が学内をガイドしてくれましたが、演劇でもスポーツでも、課外活動に学業と同じくらいの熱量を注いでいると聞いて、学業とバイオリンの両立が目標だった私は、ここに入ったらめちゃくちゃ幸せだろうなと思いました。

■「え?あのハーバードですか?」
――すぐにハーバードを受験しようと決めたのですか?

 大分の普通の高校生からしたら、ハーバードなんてありえるのかなと思っていました。でも調べてみるとアメリカに行かずとも受験ができるのが分かり、目指してみようかなと。家族は、いいんじゃない?という反応でしたが、先生はもうびっくりして、三者面談では「え?あのハーバードですか?」と。通っていたのは進学校でしたが、あまりにも前例がない話。地方の公立高校では、海外に進学する人すらいませんでした。

―――地方からハーバードを目..
【日時】2021年10月24日 10:00
【ソース】AERA dot.

廣津留 すみれ(ひろつる すみれ、1993年7月29日 - )は、日本のヴァイオリニスト、起業家、著作家。「Smilee Entertainment」社CEO。成蹊大学客員講師、国際教養大学非常勤講師。 大分県大分市出身。大分県立大分上野丘高等学校を経て、ハーバード大学学士課程卒業、ジュリアード音楽院修士課程修了。
28キロバイト (3,752 語) - 2021年10月18日 (月) 04:53








#2 [匿名さん] :2021/10/24 11:08

>>0
天才はいるんだな


#1 [匿名さん] :2021/10/24 11:08

努力できないクズの底辺爆砕民男どもには縁のない話だな🤣🤣🤣


#4 [匿名さん] :2021/10/24 11:09

>>1
自己嫌悪か…理解はするよ


#8 [匿名さん] :2021/10/24 11:16

>>1
正論👏


#7 [匿名さん] :2021/10/24 11:15

こんな例外的な天才の話を出されてもな


#10 [匿名さん] :2021/10/24 11:17

おい、ここで朝から爆砕してる*ども

すこしは努力しろよ!


#11 [匿名さん] :2021/10/24 11:20

>>10
断る❗️


#19 [匿名さん] :2021/10/24 11:26

ハーバード出てサンジャポコメンテーターか


#21 [匿名さん] :2021/10/24 11:28

なんでも偏差値とかネームバリューで測る日本とは価値尺度が違うんだよな。


#22 [匿名さん] :2021/10/24 11:30

爆サイ民みたいなのがたくさんいるからこの人は天才でいられる
みんなこの人みたいだったらこの人も凡人になるだろう


#23 [匿名さん] :2021/10/24 11:48

社会人として何をしている人?