もくもくトレンド速まとめ

当サイトは、ニュースや芸能情報に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。


電気自動車 (EVからのリダイレクト)
電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(モーター)で走行する自動車である。略称は一般的にEV(Electric Vehicle)が用いられる。内燃機関(エンジン)を持たない事から、二酸化炭素や窒素酸化物が出ないゼロエミッションである。 電気モーターを動力源とする電気自動車は、車載電池から電力を得る電池式電
89キロバイト (12,396 語) - 2021年4月1日 (木) 02:38



(出典 pbs.twimg.com)


安さで気になる死角は廉価バッテリー、耐久性、安全性は大丈夫でしょうか

1 ばーど ★

※FNN

電気自動車の価格破壊。

48万円の中国製格安EVの実力とは。

日本の軽自動車の規格より、50cm短い全長2.9メートルで、4人乗り。
2020年7月に発売以来、すでに20万台が売れたという「宏光ミニEV」。

あの「テスラ」を超えて、今、中国で1番売れている電気自動車。

人気の理由は、日本円でおよそ48万円からという格安価格で、キャッチフレーズは“人民の足”。

運転席の前には、小型の液晶画面が1つ。

安っぽさをそこまで感じさせない、シンプルなデザイン。

実際に運転してみると、キーンという音がするが、電気自動車なので静か。

少しアクセルを踏み込んでみると、すごく加速がいいというわけではないが、すぐに時速50km程度に達した。

この“中国人民の足”、安さの理由は、通勤や買い物など、日常の足として割り切った性能。

安いタイプの電池を使い、航続距離は最長120km。

旅行先などで便利な急速充電には対応していない。

上汽通用五菱自動車・張益勤氏「宏光ミニEVは市内の短距離移動用に作ったもので、長い航続距離や必要以上のハイテクはいりません。わたしたちは、この自動車の海外進出を積極的に進めます。わたしたちの目標は、(宏光ミニEVを)世界に広げて、世界の人民の足になることです」

脱炭素で、普及が加速する電気自動車。

中国発の格安EVが、台風の目になるかもしれない。

この中国の“格安EV”について、フジテレビの風間晋解説委員に聞く。

フジテレビ・風間解説委員「中国は、地域による経済格差が大きいので、格安の車への需要もまた大きいと思いますが、もう1つ見逃せないのが、中国政府の産業政策です。2025年の、国内の新車販売台数に占めるEVなど新エネルギー車の比率を、20%前後にするという目標を掲げています。補助金たっぷりのEVだからこそ、50万円を切るような格安が実現できている面があると思います。さらに、充電ポストの増設など、そういうことも進んでいて、EVの日本人オーナードライバーの感覚では、EVの方が、ガソリン車よりもランニングコストが安いということなんです。中国は今、EVメーカーの戦国時代ですが、政府の目標達成のためには、この格安EVの販売台数が鍵になりそうです。死角があるとすれば、安いバッテリー。この耐久性がどれぐらいあるのかが、まだわからないことかなと思います」

内田嶺衣奈キャスター「確かに、そのあたりも気になります。中国は、産業政策として電気自動車の普及を図っているようですが、地球への優しさ、環境への配慮というのも、合わせて目を配る必要があるかと思います」

2021年3月31日 水曜 午前1:21
https://www.fnn.jp/articles/-/162795

(出典 fnn.ismcdn.jp)


★1が立った時間 2021/04/01(木) 07:55:19.08
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617237485/


【【EV】、商業ビジネス優先?「“人民の足” 中国格安EV」お値段48万円の実力とは 】の続きを読む


観光庁(かんこうちょう、英: Japan Tourism Agency、略称: JTA)は、日本の行政機関のひとつ。日本の観光立国の実現に向けて、魅力ある観光地の形成、国際観光の振興その他の観光に関する事務を所管する国土交通省の外局である。2008年(平成20年)10月1日に設置された。
22キロバイト (3,237 語) - 2021年3月21日 (日) 04:12



(出典 pbs.twimg.com)


我慢しろと言いながら鼻先にニンジンぶら下げて走れと言ってるようなもんだね

1 雷 ★

観光庁、Go To トラベル代替で都道府県内の旅行に1人1泊7000円支援
3/26(金) 12:46配信

 観光庁は、新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いているステージ2相当以下の都道府県内の旅行に対する割引事業を財政的に支援する「地域観光事業支援」を4月1日以降、順次開始すると発表した。

 新型コロナウイルス感染症を巡っては、緊急事態宣言が全国的に解除されたものの、変異株の流行などもあり、地域ごとに感染状況にバラつきがある。こうした状況から、国の施策として全国で行なう前提のGo To トラベル事業については、当面の間、再開は難しいとされている。

 そこで、Go To トラベル事業が再開できるまでの間、ステージ2相当以下の都道府県が、各都道府県内の旅行についての割引支援を実施する場合、1人1泊5000円、代金の50%を上限に、国から各都道府県に補助金を交付することにした。

 Go To トラベル同様に、土産物店や飲食店、公共交通機関などで利用できるクーポン券を発行する場合は、1人1泊2000円を上限に追加で補助金を交付する。

 同庁によれば、予算規模は約3000億円。4月1日以降、準備が整った都道府県から開始し、5月31日(6月1日チェックアウト分)まで、この施策を実施するとしている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5348267256a9ef8f446d51df25d7b0f717b7e542


【【速報】ブレーキ、アクセルどっちですかー?観光庁、Go To トラベル代替案の旅行支援 4/1から開始】の続きを読む

このページのトップヘ